大手企業への転職で年収アップを狙う

会社員は、一生同じ会社に勤めようと考える人もいますが、転職を考える人もいます。転職を考える理由はいろいろ考えられますが、代表的な理由の一つは年収アップでしょう。大手企業に転職できれば、年収アップが期待できると考えるのは自然なことです。平均年収だけをみると、大手企業の方が中小企業よりも年収が高いというデータを確認できます。しかし、大企業に採用されるには、自分を採用したいと会社側に思ってもらわなければいけません。そのためには、大企業でも通用するスキルを身につけることや、他の人とは違う経験を積んでいる等、自分を差別化できる要素が必要です。

年収アップを実現させるには、それ相応の理由が必要なのです。また、今勤めている会社を辞めて新しい会社に移る場合には、今まで積み上げた社内の信用はゼロに戻ると覚悟する必要もあるでしょう。大企業への再雇用が実現したとしても、それで終わりではありません。そこから、その企業内での競争が始まるのです。再就職した場合は、それまでの社内で積み上げた実績や信用はありませんから、その競争においてはマイナスからのスタートになると考えておいた方がいいでしょう。

その上で周囲を納得させる成果を上げて信用を勝ち得ていかなければ、せっかく上がった年収も横ばいか下降をたどることになる可能性もあります。大手への再就職は魅力的な選択肢ですが、それと同時に大きなリスクを抱えることになることを十分理解して臨むことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です